2010年08月17日

士業はどんな時に役立つのか

士業とは、私たちの生活や、企業の活動において、専門的な業務の代行を行うことができる資格を持っているプロフェッショナルを示します。

また、士業には、税理士、司法書士、弁理士など、その名称には「士」が付きますので、直ぐにそれと分かります。

士業は、社会が高度化するとともに、ますますその必要性が高まっていきます。そのため、一般的な職業に比べ、国家試験という難関をクリアしなければ成らず、それゆえにステータスを誇れる職業として認知されています。

士業の資格が国家資格とされているのは、その専門性が高いということだけでなく、公共性も重視されているためです。

そのため、無資格で業務を行うことで罰せられるものもあります。

士業が活躍する分野は幅広く、法律関係、コンサルティング、会計、不動産、土木建築、技術、医療関係といったように、専門家が必要とされている業務に広く対応しています。

ですから、私たちが日常生活で、あるいは経営上で、何か専門的な問題に直面したら、プロフェッショナルである士業の有資格者である「〜士」に相談することが出来るのです。

士業は、私たちの強い味方なのです。 
タグ:仕業 役立つ
【関連する記事】
posted by しげぞう at 16:17| 士業とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。