2010年08月17日

ファイナンシャル・プランニング技能士とは

◇ファイナンシャル・プランニング技能士とは◇

ファイナンシャル・プランニングとは、個人のライフデザインやライフプランの実現の為に、収入・支出・資産・負債などの情報を分析し、ライフプランを立案することです。

このファイナンシャル・プランニングについての専門家として取得することができる国家資格をファイナンシャル・プランニング技能士と呼び、1級技能士から3級技能士までの等級があります。


◇ファイナンシャル・プランニング技能士の役割◇

個人の夢や目標を叶えるためには、計画的な資産の活用が必要です。その資金活用の計画には、金融、税制、不動産、各種ローン、各種保険、年金などに対する幅広い知識をが必要です。

しかし、忙しい個人にはこれらの幅広く専門的な知識を習得することは非常に困難です。

そこで、これらの幅広い知識を有した専門家としてファイナンシャル・プランニング技能士がアドバイスします。

ファイナンシャル・プランニング技能士は、個人の経済活動に関するあらゆる情報を分析します。たとえば、家族構成、収入と支出、資産、負債、保険などの情報の分析です。

これらの分析結果と、個人のライフプラン、つまり夢や目標を照合して、どのようなどのような資産設計を行い、実施すればよいのか、的確なアドバイスを行います。
posted by しげぞう at 15:30| コンサルタント系の士業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。