2010年08月17日

技術士とは

◇技術士とは◇

技術士とは「高度な専門知識を持つ技術者」として、文部科学省が管轄している国家資格です。

産業界でのこの技術士の称号は、学術界での「博士号」に該当すると言われており、科学技術の応用面に従事する技術者にとっては、もっとも権威がある国家資格です。

技術士は、科学技術の高度な専門の応用力を必要とするため、機械、船舶・海洋、航空・宇宙、電気電子、化学、繊維、金属、資源工学、建設、上下水道、衛生工学、農業、森林、水産、経営工学、情報工学、応用理学、生物工学、環境、原子力・放射線、総合技術監理21の技術部門に分かれています。


◇技術士の業務◇

技術士としての業務形態は企業で研究・品質管理などの業務を行うタイプ、自営業としてコンサルタントを行うタイプ、そしてコンサルタント会社に勤務するタイプに分かれます。

コンサルタントとして活動する場合は、クライアントの要請に応じて、技術的なアドバイスを行います。具体的には、研究、開発、設計、評価、改善などの他に、トラブルの原因調査なども行います。
タグ:仕業 技術士
posted by しげぞう at 14:22| 理工系の士業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。