2010年08月17日

施工管理技士とは

◇施工管理技士とは◇

施工管理技士は国家資格で、建設業での特定業種の技術を認定されたものです。

建設業法で規定している許可の要件として、施工管理技士の有資格者は、建設業の営業所の専任技術者、あるいは工事現場での主任技術者または監理技術者の資格を満たしているとされます。

また、経営事項審査においては、1級で5点、2級で2点の評価を得られます。


◇施工管理技士の種類◇

施工管理技士には6種類の技術検定試験があり、それぞれ以下の機関が試験を実施しており、それぞれに1級、2級の区分があります。

  • 建設機械施工技士: (社)日本建設機械化協会
  • 土木施工管理技士: (財)全国建設研修センター
  • 建築施工管理技士: (財)建設業振興基金
  • 電気工事施工管理技士: (財)建設業振興基金
  • 管工事施工管理技士: (財)全国建設研修センター
  • 造園施工管理技士: (財)全国建設研修センター

posted by しげぞう at 14:19| 理工系の士業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。