2010年08月17日

社会福祉士とは

◇社会福祉士とは◇

社会福祉士は、社会福祉業務に従事するための国家資格で、「社会福祉士及び介護福祉士法」により「専門的知識及び技術をもって、身体上もしくは精神上の障害があること、または環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導、福祉サービスを提供する者又たは医師その他の保健医療サービスを提供する者その他の関係者との連携及び調整その他の援助を行うことを業とする者」と位置づけられています。

社会福祉士は「名称独占」資格ですので、資格を持っていない者が社会福祉士を名乗ることはできませんが、「業務独占」資格ではないので、この資格を持たない者でも、業務に携わることはできます。


◇社会福祉士の仕事◇

社会福祉士の仕事は、身体や精神上に障害をもち、日常生活に支障を生じている人たちの福祉に関する助言や指導を行い、福祉や医療関係者との連絡や調整を行います。

仕事場としては、公的な機関では福祉事務所や児童相談所などがあり、民間ではシルバー産業があります。
posted by しげぞう at 11:54| 医療・福祉系の士業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。