2010年08月17日

義肢装具士とは

◇義肢装具士とは◇

義肢装具士は、事故や病気により手足を失った人のために、義肢や義手、あるいはギブスやコルセットを制作したり、身体への適合を行う専門家で、厚生労働大臣の免許を受けています。

英語の Prosthetist and Orthotist を略して、POと呼ぶこともあります


◇義肢装具士の仕事◇

義肢装具士の仕事は、単に義肢などを制作するだけではありません。

採寸、制作はもちろんのこと、仮合わせや仕上げの後の身体への適合や使用する際の不安を取り除いたりするなど、使用者の精神的なケアも含まれます。

また、職場としては、義肢装具製作所などのメーカーがありますが、ほかにもリハビリテーションセンターやあるいは独立するということもあります。
posted by しげぞう at 11:36| 医療・福祉系の士業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。