2010年08月17日

管理栄養士とは

◇管理栄養士とは◇

管理栄養士とは、傷病者の療養のために栄養の指導を行う者で、厚生労働大臣の免許を受けた者を示します。

傷病者の療養のための栄養の指導とは、高度な専門的知識を用いて、個人の身体の状況に応じた栄養の指導を行うことです。

また、特定多数に継続的な食事を供給する施設に対して、利用者の身体状況や栄養状態に応じた給食の管理や栄養改善の指導を行う者も示します。


◇管理栄養士の活躍の場◇

管理栄養士の活躍の場は多くあります。そのいくつかを紹介しましょう。

【病院】
病院あるいは診療所に勤務する形態です。患者さんごとの栄養管理として、食事の指導を行います。単なる食事係ではなく、医療チームの一員としての活躍を期待されますので、高度な知識が必要になります。

【福祉施設】
福祉施設には、乳幼児、高齢者、障害者を対象としたものがありますが、それぞれに、施設の利用者ごとの栄養状態に応じた管理を行います。

【学校】
ここで言う学校には、小中学校並びに特別支援学校、夜間定時制高校が含まれます。学校給食の管理・指導だけにとどまらず、子供たちの食に関する指導を行います。

【防衛施設】
防衛施設とは、自衛隊、防衛大学、防衛医科大学などを示します。これらの勤務先で、隊員や学生たちの食事管理並びに指導を行います。また、平常時だけではなく、訓練時、災害出動時などの非常事態での栄養に関する指導も行います。

【矯正施設】
刑務所や、少年院などの施設における給食の管理や被収容者の栄養管理を行います。

【その他】
大学や企業の研究機関、保健所や保健センターなどの行政機関などがあります。
posted by しげぞう at 11:16| 医療・福祉系の士業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。